カテゴリ:日々の出来事( 34 )

伊豆への旅

子供たちからの贈られた旅を満喫すべく
いろいろネットで調べて計画を立てました。
なんせ、10日くらいしか時間もないので慌てました。

伊豆へ行くなら、やっぱり富士山は間近で見たい
だとするとどこがいいのかな~。車だったらどこでもいけるけど
新幹線だし、どこかで降りなくちゃ・・・・
いろいろ調べて結局、富士で降りることに
黄砂で少し雲ってるような景色、富士山に会えるのかな・・・

駅に降りたとたんに飛び込んできました~富士山!!!
う~ん、はっきりしないけどシルエットは富士山だ
この富士山、もうすこし近くで見たいな
小高い岩本山というところへいき富士山を眺めて満足^^
ここは本当は春がいいらしい。そう言えば桜や梅が植えてある
春だったらきっと真っ白な富士山が見えるのだろう
青空に桜、その向こうに富士山を想像しながら写真を撮った。

More
[PR]

by yumiyumi96 | 2010-11-15 19:04 | 日々の出来事

交流試合

もう一週間がたってしまいましたが
記録のためにも日記に残しておこうと思います

和倉温泉で泊ったのですが、あいにくのお天気
ま、それが目的ではないのであきらめて
宴会の準備に飛び回っておりました。
私は下っ端なので、上の人の言われるとおりに動いていたので
まだ気楽なものでした

各県への宴会の場所や余興の順番などの案内
そして余興の進行係までさせられてしまいました。
ま、それはいいんですが・・・・
美味しそうな料理、最初だけつまんで
あとはみんなが食べてるのを横目で眺めながら(トホホ・・・・)

バレーをする人はみんな明るくパワーありますわ!
各県の余興を間近で眺めながらつくづくそう感じました
みんなもう結構なお歳を召した方もいらっしゃいます
それなのに、若い!パワフル!
フラダンスの県あり、サンバの県あり、それぞれに
楽しませてもらいました~ヽ(^o^)丿

北信越を順番に回っているみたいです
今年は石川が開催県だったので裏方しましたが
来年は福井県の予定です
今度はお客様になって楽しまなくっちゃね(^-^)ネッ!


そうそう、翌日の交流試合ですが
新潟・長野・富山・福井・石川A・石川B 
この6チームを二つのグループに分け
3チーム総当たり戦、勝ったチームで優勝を決めるというルール
アタシは石川Bチーム(寄せ集め)でした
まあ、72歳の人から66歳、理事長は69歳元気です!
若い人もいますよ・・・でもその人たちは半現役
まあ、全敗しましたが怪我もなく笑い転げながら
楽しくプレーができました♪
みんな全盛時代はきっと第一線で頑張って来た人ばかり
でないとそんな年まで続けていませんもの・・・・

ちなみに石川Aチームはほぼ現役集めたので
白熱したゲームをして見事優勝しました♪


笑って、動いて、汗かいて
楽しんだ二日間
いい思い出になりました(*^_^*)
[PR]

by yumiyumi96 | 2010-11-05 18:51 | 日々の出来事

思いがけないプレゼント


先日、主人が還暦を迎え身内でささやかなお祝いをしました。
赤いちゃんちゃんこ???本人は絶対いやだ!というのを
娘に無理やり着せられました(笑)
またそれが似合うんですよねぇ~

その時に、主役である主人の挨拶がありました。
今まで生きてきた想いを語っていたのですが
亡くなったお母さんのことになると
もう話せないくらい泣いていました
今生きていると77歳の喜寿を迎えているはずでした。
そんな大好きだったお母さんの誕生日が11月3日
あえてその日に還暦の祝いをしたのでした。

宴もたけなわになり
三人の子供たちから私達に思いがけないプレゼントがありました。
一人ひとりからの手紙
そしてなんと旅行券です

「いつも働くことばかりの二人のために三人から
心ばかりの温泉旅行を贈ります。
4月から三人でコツコツこの日のために貯めてきました。
ゆっくり二人で楽しんできてください」

そんな言葉を添えてプレゼントしてくれました。
中を開けてみてびっくり仰天!
【11月13日~14日、静岡県伊東温泉 和風高級旅館・・・】
と書いてありました。

毎日温泉につかっていながら
それでも行きたかったところ
富士山も見られるし海も見える。しかも温泉・・・

13日、14日のいろんな予定もキャンセルして
子供たちの気持ちを大切にして
素直ないい子たちに育ってくれたことに感謝しながら
二人でのんびりゆっくりしてこようと思います

また、温泉かい・・・・って言わないでください
これは降ってわいた温泉旅行なんですから^^

今、伊東温泉まで行くルートを検索中
途中富士山も見たいし、紅葉はどうかな~って
すごくワクワクですヽ(^o^)丿
[PR]

by yumiyumi96 | 2010-11-05 18:49 | 日々の出来事

病院へ

先日のバレーの一日三試合した頃から膝の調子が悪い
試合の翌日は膝が腫れている
でも、しばらくアイシングしたり湿布を貼ったり
なんとか痛みが治まった矢先にまた練習にいった。
その翌日からまた痛みが増してくる(>_<)
歩くことも苦痛になってきた

今日は仕方なく病院へ行ってきた
なんと!膝に水が溜まっていた
その水を注射器で取り、ヒアルロンサンを注入

レントゲンを撮ってみてみたら
変形性関節炎、いわゆる加齢による膝痛だそうだ
まだ初期の段階だからしっかり治さないとバレーできないぞ!
と言われ、リハビリを勧められた
言われるとおりに、病院内のリハビリセンターに行く

入ってみると、その理学療法士さんの若いこと^^
女性が三分の一くらいいたかなぁ
ある一人の若いイケメンさんが近づいてきた
「〇〇さんですね!ではリハビリに入る前に筋力、体脂肪はかりますね!」
と笑顔がまぶしい

「ええ~~!た・体脂肪なんて計るんですかぁ?」

「はい、そういう指示になってますから、ではここに乗って」

いやぁ~~まいったなぁ~
こんなイケメンさんの前で体重もましてや体脂肪まで計る?
想定外の出来事だった・・・
あぁ~こんなくらいだったらもう少しまともな洋服にすれば・・
なんて思ってしまう(>_<)
もうこうなったら、まな板のコイだわい!

今の機会は素晴らしいですね~
あっという間に筋力が出るんです
もちろん、体脂肪も(笑)

「やっぱりバレーボールしてらっしゃるだけありますね
筋力はおお年の割にはありますねぇ
でも、体重も体脂肪も標準よりもやや上ですね・・・」

あのぉー洋服着てたから少しオーバー気味ナンデスケド・・・
そんなこと言い分けがましく言えやしないし
こんなときの0.5kgは大きいんだよねぇ

ま、また二週間後に行くことになり
膝に湿布貼ってます~ リハビリ・・・行きたくないな
でも、イケメンさんには会いたいな(笑)
息子ほどの年代なのに・・・
アタシって膝だけでなくやっぱり中身もオバサン化してるわ





.
[PR]

by yumiyumi96 | 2010-08-03 23:58 | 日々の出来事

父の退職

職人だった父が退職した。
60年間、一途に木地を挽いてきた頑固な父
その父に昔のような威厳はなかった。

先日、私達姉弟たちでささやかな「お疲れ様の会」をもうけた。
大好きなお酒もいつもになくほどほどで
普段見る父の姿ではなかった。
我を忘れるくらいお酒を飲み、いつも話の中心にいたのに
「ありがとう」「母ちゃんのおかげや」と謙虚な言葉。
歳をとったなぁ~と目の前の父がすごく小さく感じた。

小さい頃、父はすごくこわかった
愛情表現が下手だったのかもしれない。
本当は子供への愛情はあふれるくらい・・・・
それがわかるのは悲しいかな大人になってからだ。
酔っ払って足取りもおぼつかない父と腕を組み歩く玄関先までの時間
「あ~幸せやなぁ~」とつぶやく父
いとしさがこみ上げてきた

仕事は終わっても人生は終わっていない
まだ75歳になったばかりやん
気弱にならないで、これから本当に人生を楽しんでほしい
大病をして、胃を全摘したけど不死身な父だ
「いつ死んでもええわ」と言いながらも
ちょっとでも身体の具合が悪いと病院へGO(笑)

最近は涙もろくなってすぐに泣くらしい
子供4人、孫10人、
ひ孫の顔を見るまで元気でいてほしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・心からそう願っている。

60年間、本当にお疲れ様でしたm(._ _*)m・
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-12-15 22:51 | 日々の出来事

ラッキー♪

昨日のことです
いつも着てるジャンパーを洗濯することにした
なので、なに着ようかなと箪笥の隅に見つけたスポーツジャケット
流行りはないにしてもどことなく古めかしい。

そういえば、子供がまだ小学校の時に
ドッチボールでの大会の引率に買ったことを思い出した。
あれから着てなかったのかなぁ~!
あったかそうだし今日はこれにしようヽ(^o^)丿
久々に着たジャケット。


ポケットに手を突っ込んだ
ゴミ??メモ紙??ん?なんだろう
取り出して目を疑った

「えぇぇぇぇぇぇぇ~~~~@@!うっそ~!」

何だと思います?
くしゃくしゃになったお札
それも、広げてみるとなんと!一万円札です。

嬉しさと恥ずかしさと、(^_^;)
10年近くもこのポケットの中で冬眠していた一万円
これはきっといいことの前触れかも???
今日は一日、しわくちゃの一万円札をみてにんまり^^

実は、こんなこと以前にもあったんです
前はバックの内ポケットの中から封筒に入った二万円
それは旅行に行った時に持って行ったバックで
銀行から多分引き出して、そのまま入れ忘れたものらしかった
もしかしたら、いろんなところに入れ忘れているんでないやろか^^;


どっちにしてもないはずだった貴重なお金である
食費に代わってしまってはもったいない
なので、年末ジャンボ宝くじを買うことにしました。
30枚は買えますね~~ヽ(^o^)丿

f0126569_1431012.jpg

[PR]

by yumiyumi96 | 2009-12-13 13:53 | 日々の出来事

姉妹

11月の月記
連休に遠くにいるもう一人の姉妹が遊びに来た
こっちにいる姉妹合わせて4人で遊びまくった
バレーの練習試合に助っ人として出てもらった
そしてあっちの温泉、こっちの温泉と温泉巡り
永平寺にも行った(今年二回目)
山中座であった、昔はなしと童謡を聴く会にも参加した
とても充実した連休になった

そして、思い出いっぱい詰めて
遠くの姉妹はかえって行った
ありがとう^^また来年会おうね!
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-11-23 22:49 | 日々の出来事

同窓会

4年ぶりに同窓会があった
その幹事をさせてもらいました(いつもなんですが・・・・)
前回とはこの景気の悪さを反映してか20人くらい減った
お盆前ということもあってかもしれない

その中で35年ぶりに参加してくれたひとがいた
九州にいる人、大阪から駆けつけてくれた人
地元にいてもいつも見送ってた人・・・
それぞれの理由で参加できなかったにしろ
その人たちはとても楽しんでくれた
それだけでも、同窓会は成功だったと思う

地元の彼は
ずっと見送ってきた同窓会
悪がきだったし、これといっていい思い出もない
でも、去年大病を患ってあとどれくらい生きるかわからないけど
歳とったのかな。。ふと懐かしい顔を見たくなったそうだ
彼は思い出をひとつひとつひもときながら思い出に浸っていた
中学時代の彼は番長クラスでいつも先生に怒られていた
そんなことしか思い出せない彼の思い出
ビールを飲みながら半分涙目で泣き笑いしてる彼
白髪交じりの顔には
昔の悪がきの面影が残るもののだいぶ変わった
35年の月日は彼を変えてくれたのか・・・・

一瞬で中学時代にタイムスリップする同窓会
いい思い出がまたひとつ増えた

では、川柳を一句 
* ハゲメタボ誰かわからぬ同窓会・・・・・・・・・・・・・男子諸君!
* 寄せてあげタヌキに化ける同窓会・・・・・・・・・・・・女子諸君!
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-08-09 23:02 | 日々の出来事

自分磨き

私の旦那さんの妹(小姑)が美容師なので、いつもカットは妹にしてもらっている。
髪も長く肩までなってたが、行く暇がなかったのでひとつに束ねていた
さすがにこの歳になったら 所帯じみてくる^^;
でも、このほうが襟足がすっきりして涼しいのである

考えてみると4か月も伸ばし放題だった~
思ったが吉日、美容院へ行き夏バージョンにしてもらった
ヘアースタイルひとつで気分も変わってくるから不思議~♪
化粧も心なしか丁寧になる(笑)
洋服のひとつもほしくなったが 我慢!我慢!

可愛くなったところで(自分で言うか!・・・・)
ひとりのお客さんが入ってきた
年頃は60過ぎのおばさんである
どうもはじめての人らしい

「あのぉ~ここにあっちゃんって言う人いますか~?」
「はい、私ですけど~」 と妹が返事する

「実は、この頭どうかしてほしいんですーー!
〇〇美容院でカットしてもらったんですけど気に入らなくて
石川五右衛門に見えるんですよ(+_+)
友達がここにいるあっちゃんにカットしてもらえ~って言うもんですから・・・」

そこにいたお客さんが一斉に彼女の方に向いた
もちろん私も彼女を見た
o(〃^▽^〃)oあははっ♪ って笑ってはいけないんですが
ホント!石川五右衛門カット・・・・

「わかりました!やってみましょう」
妹は15分ほどで見ごとにベリーショートにカットした
彼女も出来上がったヘアースタイルを見て満足げだった

それにしても石川五右衛門カット・・・
忘れる事はないでしょう(笑)

ってことで、今日はささやかな自分磨きをしてきました
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-07-25 23:34 | 日々の出来事

祖母

f0126569_23404863.jpg

先日祖父母の法事が実家でありました
祖父は17年前、祖母は二年前に他界しました

祖母はしつけが厳しく 女の子としての身だしなみ
礼儀作法、それは口うるさく言われました
そのおかげで笑われることなく生きてこられたのかなと思います
そんな祖母も92歳まで元気でいました
いつも「ありがとう」の言葉を口癖にしてた
笑顔のとっても素敵な優しい人でした
そんな祖母に育てられたことを誇りに思います

祖母は若いころ、昭和の初めにしては珍しい恋愛結婚
二人の女の子に恵まれて幸せもつかの間
ダンナさんは29歳の若さで戦死 下の子は一歳でした
三年間の短い結婚生活はバラ色だったと祖母は言います

生前に祖母に聞いた事があります
今までで一番幸せと思ったことは??と

「そうやなぁ~ 男運に恵まれたことかな~
 大好きな人と結婚できたしホントに優しい人やったし、
再婚した人も思いやりもあって
穏やかな人やった・・・いい人に巡り合ったこやなぁ」

私からみると苦労の人生やったかなとおもうけど
本人は幸せと思って過ごしてきた人生
私も死ぬ前には子や孫に幸せだったよと言えるような
最期を迎えたいな・・・・

お参りをしながら写真の中の祖母を見て
そんな事を思いめぐらしながら祖母の話に花が咲きました
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-07-19 23:36 | 日々の出来事