命日

f0126569_11472525.jpg6月8日、お義母さんの命日のお参りをした。今年で25年になる
毎年、子供達(主人の妹達)がみんな集まりお義母さんの思い出話に花が咲く。
お義母さんに見初められて結婚してしまった(笑)といっても過言ではない。
それくらい明るくて元気で太陽のような人だったから、一生仲良くやっていけると信じてたのに、病気には勝てず49歳の若さでこの世を去ってしまった。
「yumiちゃん、yumiちゃん」と娘のように可愛がってくれた
あの笑い声と美人ではないけど親しみのある最高の笑顔は私にとっても宝物だ
お義母さんを目標にここまできたのかな~っていつもおもう。

また、ちょうどこの命日にお父さんの姉 伯母さんが14年間の寝たきりの生活にピリオドをうった。若くして子供に先立たれだんなさんにも苦労し幸せが悪かった人だった。それでも愚痴ひとつ言わない人で自分の人生を前向きにとらえた人もここにいた。周りから見れば不幸に見える人たちでも、「幸せはいつも自分の心が決める」 相田みつをの言葉のように、幸せ不幸かは自分が決める事であって、人がとやかく言えないである。
伯母さんの顔は、安心しきったように優しいお顔だった。 身寄りのない伯母さんをお義母さんが引き寄せたのかもしれない。同じ命日だったら一緒にきっと思い出してくれるはず・・・そんな願いも込めて


その命日に、「yumiちゃんってだんだん お母さんに似てくるわ・・・」といわれた
嬉しい反面、複雑な思いもある・・・・・。
明るくて元気なのはいいとしても、お義母さんは物忘れ多くて抜けてて・・そう、元祖サザエさんなのである。
これからも サザエさんまっしぐらで頑張っていこう+:ヾ(*⌒▽⌒)シ.:゜
[PR]

by yumiyumi96 | 2007-06-10 10:50 | ひとりごと