エコバック

地球環境が騒がれているが、これからレジ袋が有料となるが、それに先駆けてエコバックが登場している。実際にスーパーへいっても「マイバック」を持っている人が増えてきた。
昨年、我町の商工会女性部で「エコバック」を作り出した。

実は、このエコバック、女性会員の手作りなのである。だから、人の手によって多少カタチも違うのだ。これは、昨年商工会女性部のクリスマス会&忘年会のくじ引きで当たったもの。
このピンクのシクラメンの裏に「当たり」と書いてあったのだv(*'-^*)bぶいっ♪


f0126569_17513768.jpg


さて、このエコバック、何からできているかというと 紙でできた荷造り用バンドを編んだもの。
ひとつ編み終えるまでに3時間かかるという。その出来上がったバックに噴き付けで塗料を塗る。そうすることによって、紙がしっかりして強くなるのだ!
このエコバックが今ブームになっている。 お買物かごとしてではなくお洒落用のバックにだから不思議だ。せっかくくじ引きで当たったのだし、毎日買物に使っている。一番便利なのは、車の中に入れても倒れないこと。また牛乳や卵を一緒に入れてもぜんぜん平気なこと。
ただ、家族の多い人には小さいかもしれない・・・・
これからこのエコバック 普及していけばいいなぁ~っておもう。一つ1800円
あっ・・・・・言っておきますが、あたしは編めません(w_-; ウゥ・・

f0126569_1872690.jpg

[PR]

by yumiyumi96 | 2007-01-26 18:08 | ひとりごと