マぬけな話

夏休みが始まった三連休に
大阪から姪っ子が遊びにきました
姪っ子には 可愛い7歳のゆうちゃんと3歳のゆうだい君がいます
5月の連休に遊びに来た時に

「おばちゃんのな、名前なんやったかな~ママに聞いたけどな忘れてしまったんねん!」

小さい子の大阪弁はなんであんな可愛いんやろ・・・

この日も、同じことを言いました
「あぁ~今思い出してるねん おばちゃんの名前・・・名前~~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あぁ~~思い出したぁ
ユミちゃんやねんなぁ~?」

「思い出してくれた? そうそう、ユミちゃんやからね忘れたらあかんよ」

・・・・・・ついつい私も大阪弁になってしまう(笑)

そこでいい考えがうかんだ

「あのな~ゆうちゃん、おばちゃんいいこと思いついたわ」

   「なになに~?」

「ゆうちゃんのママなんて名前?」

   「マユミっていうねん・・・」

「そうそう、だから忘れんようにするのには マユミのユミやからマと抜くと そうするとユ・ミ わかる?もう忘れへんで」

「ふ~ん、マ抜くんや マ~ヌケやね」 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まじめ顔でゆうちゃんが言う

o(〃^▽^〃)oあははっ♪ 思わず噴き出した
マヌケなユミちゃんや
自分で言ってどうする。。。。(+_+)

ってことで、ゆうちゃんはユミちゃんをもう一生忘れないことでしょう
それにしても 間抜けなユミちゃんでした
[PR]

by yumiyumi96 | 2009-07-21 23:42 | ひとりごと